古代日本においては律令制において政治などが執り行われてきました。多くの役所や役職などが存在した中で、独特の位置づけであったのが陰陽寮に所属していた陰陽師になります。古来より日本の歴史や文化・風習などに深く関わってきました。最近では映画や小説などにおいてその神秘性が取り上げられており、一種の魔法使いのようなイメージが強く抱かれています。その反面、古代日本や中世にとどまらず明治維新の起きた近世においても陰陽師は政治の中枢に存在してきており、明治新政府との間においても駆け引きが行われていました。西洋化を推し進める新政府により陰陽道は迷信の類とされてしまい、現在にいたってきているのですがかつては日本の政治の中枢に位置するほど隆盛を誇っていました。そのような意外な歴史観点などから捉えると新たな日本を発見することができることでしょう。

陰陽師で新たな日本を世界に広げよう。

剣と魔法のファンタジーといえば以前よりゲームや小説、アニメなどで取り上げられる題材ですしその舞台となっているのが主に西洋となっています。それに対して中世日本においてもそのような剣と魔法のファンタジーが繰り広げれていました。それが安倍清明に代表される陰陽師たちになります。また興味深いのは古来の日本においては正式な役所の役人・役職として朝廷に仕えていたことになります。いわば古来における日本の政権・政策を左右する重要な役職にファンタジー的な存在、魔法使いのような役職が存在していたことです。現在においてはなかなか理解しにくいことではありますが、あらゆる自然や物に神様が宿ると信じられてきた日本らしい独特の文化とも言えることでしょう。自然遺産や文化遺産などで世界の人たちから注目されている日本の新たな一面として世界にアピールすることで新たな日本ファンを作ることが出来ることでしょう。

陰陽師は、基本を元に霊感を取り除きます。

陰陽師は、たくさんの道具を使いながら効果を発しているかもしれないです。悪霊を取り除く為に必要欠かせない存在になっていたかもしれないです。主にお払いを中心に行うのが基本ですが、その中で自然に眠らせてから悪霊と戦いますので、人間の動きがバラバラになっていますので、上手に操ることが大切になっています。普段は明るい性格ですが、仕事に入ると強面な性格になって呪いを取りは出していきます。時間にしても一時間ほどを目安にされていますが、依頼を受け側の調子が苦しんでいる可能性があるかもしれないです。季節と日付を合わせながら調整している感じがしています。もちろん全国の神社によって仕組みが違うかもしれないですが、基本の衣装を着用して行うことになりますが、有料でしてもらえるので信頼があるかもしれないと考えられます。