陰陽師の歴史とパワースポット

陰陽師の歴史での最高の人気ものは阿部の清明ですが、この人のゆかりの神社なども京都にあり、今でも非常に大きな人気の名所になっています。パワースポットとしても人気ですが、確かに天才という人はいるもので、歴史の名を遺すほどの人ですから、霊的な能力はともかく、非常に才能があった人なのだろうと考えられます。また平安時代は様々な不安定な出来事が起こったので、ますます何かの祟りではないかということなどがあり、活躍できた時代だったということができます。しかしそのおかげで今でも陰陽師を楽しむことができますし、日本中のパワースポットに観光客を集めることができるということになります。その総合的な効果は非常に高いものがあるということがわかります。その意味でも非常に歴史的な価値の高い存在ということが言えます。もともと国家のお役人だったのですから、国のためになっているということになります。

陰陽師と歴史的意味と今

陰陽師の役割ということでは、はるか昔の役割と今の役割では変わってきているということがあります。平安時代には、貴族政治であり、遷都や宮殿関係や神社仏閣などでも方位などもあり、建築の一環として儀式の一部でもありました。それらには絶対に必要な技官だったということですが、その後は方向が違ってきてしまったということになります。そのような政府の一部ではなく、怨霊などを調伏するという役目のほうが大きくなってしまったということになります。役割の変質です。またそれが平安時代を過ぎて必要性が薄まり、一定の役割を担いながらも現実的な世界に移行していったということになります。そうなると国家としての主権も変わり、貴族政治も武家に移ったので、貴族政治の中の陰陽師も時代には合わなくなったということで今に至るということになります。今では官職ではなくビジネスとしてのサービスの一部ということで復活しているということになります。

陰陽師の魅力と歴史と小説

陰陽師の魅力ということでは、小説などの影響が非常に大きいのではないかということがありますが、特に映画などにもなった阿部の清明を主人公とする物語は非常に日本人の心をひきつける役割を果たしたのではないかと考えられます。そのような魅力の一方で、歴史の中の陰陽師は、また違った姿をしているということになります。もともとこの存在は国家の官職で、ある一人の人の地位を表していたものでした。それは国家自体の厄払い的な存在で、見えない力を理解して、災いが起きないように対処するという役目になります。見えない世界への外交官的な、霊的な世界の管轄の外務省のような役割とも言えます。しかしそのうちに、その部署である陰陽寮で働いている人たちが、陰陽師と呼ばれるようになりました。そしてのちに民間に入り、占い師や厄払いなどをする人たちの一派そのように呼ぶようになって今に至るということになります。

主力商品・サービスは陰陽師で、陰陽を使い分け、対面による鑑定によって、開運へ導く占術を行うサービスです。 主力商品・サービスは、携帯ショップの運営を始め通信機器の販売・サイト運営・コンテンツの作成・編集などです。 陰陽師という能力を通じて、不幸だと思い込んでいる皆様の陰の部分を部分を正確に鑑定し運勢を良い方向に導くお手伝いをいたします。 陰陽師を継承した橋本京明にお任せください。